MAIN

京都で相続・不動産名義変更の相談なら
初回無料相談会実施中‼️

遺言書が特に必要になる方

どんな場合に遺言を作成するのか?

特に、以下の方は、遺言書作成をお勧め致します。

  • 子供がおらず、交流のない兄弟がいらっしゃる
  • 交流のない異母兄弟・異父兄弟がいらっしゃる方の親
  • 財産を1人残される配偶者に譲りたい
  • 離婚した前の配偶者に子供がいる
  • 次に発生する相続を見据えた財産の承継を考えたい

こういったケースで、遺言書がない場合、下手に財産が遺されていると、相続関係が複雑になり遺産分割協議が難航する傾向があります。
被相続人と全く交流のなかった兄弟姉妹が配偶者に対して相続権を主張したり、遺産分割のハンコ代を要求したり、無用な費用及び不快感を、遺産を相続するのが通常であろうと思われる方に負担させることになります。

大事な人に無用な負担を掛けさせないためにも、遺言書作成は絶対すべきです。

ただ書けばいいわけではないのが遺言なのです。遺言は要式行為と言われ、一定の様式を欠いている遺言書は不動産の名義変更(相続登記)に実際使えないで す。 そうならないためにも、事前に司法書士などの専門家に相談し、遺言執行者を定めておくこと等実際使える遺言書を書かれるのをお勧めします。

死亡後の相続または遺贈による不動産の名義変更について、スムーズに登記手続きをするために司法書士を遺言執行者に定めることをお勧め致します。

当事務所では、死亡後にすぐ使える(家庭裁判所による検認手続きが不要な)公正証書遺言をお勧めしておりますが、遺言に必要な証人2人がいらっしゃらない場合、証人も承っております。

あなたの大事な人のために遺言作成をしておきましょう!

PAGETOP

愛する家族への最後の手紙

あるかないかで大きく手続きが変わってきます。

遺言書を作成する一番大きな意味は、遺言書に基づいて財産承継ができることです。

もし、遺言書がなかった場合、相続人全員が納得して遺産分割協議書に実印を押印しないと手続きが進められません。

仲の良い交流のあるご家族であれば、まだしも、疎遠になっている家族、異母兄弟がいたり、婚外子がいたり、子供がいない場合など、遺言書を残しておけば、手続きにかかる時間も費用も抑えられたのにというケースを目の当たりにします。

ですから、我々、相続に携わる専門家として、強く申し上げたいのです。

『ぜひ、遺言を残して下さい。』と

PAGETOP