MAIN

TEL:075-381-2682
KATAGIHARA.KYOTO.

動く京町家×伝統文化×起業家

「動く京町家」インタビュー

「動く京町家」プロジェクトが生まれた理由やその想いを、プロジェクトの発起人有限会社鈴木モータースの鈴木千鶴社長に聞いた。

PAGETOP

「動く京町家」プロジェクトの誕生

京都の文化を伝える。起業家の卵を助けたい。


―――動く京町家プロジェクトを企画された理由は?

理由は2つあります。
1つ目は、京都の伝統ある素晴らしい景観を守り、その魅力を伝えたいという点です。
2つ目は、多くの夢を持つ企業家の夢を叶えたいという点です。志を高くもった起業家や技術者って沢山います。ですが、多くの人が様々な不安を持ち一歩を踏み出せなくて困っているという現状があります。そんな人たちのために支援をしていきたいのです。
この2点を考えた時に、京都の町家を荷台に乗せ、立地や固定費用に悩む必要のない移動式店舗車両のレンタルを思いつきました。

PAGETOP

京都の伝統ある町並みを守る

失われていく景観


――――鈴木モータースがある「樫原 かたぎはら」ってどんな街?

樫原は江戸時代に京都で初めての宿場町として野良着では歩けないほど繁盛していたそうです。
現在は京都市の「西京樫原界わい景観整備地区」に指定され、東西の街道沿いには町家が続き、旅人が軒先で休憩するためのばったり床几が残り、道がうねり、当時の面影を残しています。
弊社はこのような伝統が残る町で60年以上地元に愛されて存続してきました。

――――昔と現在の景観の違いは?

他の地区と同じように、町家など古い建物が、現代風の新しい建物に変わっています。
昔ながらの伝統ある素晴らしい景観が徐々に失われているように感じますね…。
この違いを目の当たりにし、実は有志のみなさんと「樫原町家灯篭会」を2013年1月に結成し活動しています。
樫原の活性化と保存と学びの催しを不定期ですがおこなっています。「樫原の伝統ある町並みを保全したい!」「よそで暮らすことがあってもいずれは帰って来たくなる町にしたい!」という想いをもち活動しています。

伝統ある文化を伝えそして守るために


――――動く京町家が担う役割とは?

京都の古き良き町並みを、京町家を乗せた車が走行する事で、その素晴らしい景観を更に引き立てるでしょう。
そして、今まで見た事も、聞いた事もない京町家を乗せた車を見掛けた多くの人は、新しいものへ刺激と共に京都の伝統ある建物や文化の魅力を感じて頂けると思います。
私は景観保全の一番近道は「京都の文化や町家のファンが増える」事だと核心しています。
京都の文化=日本の文化だと考えています。日本の文化はつまり「和」です。「和食」を初め「和」は世界中で注目を浴びています。この「和」を大切にするココロが今こそ必要なのです。

PAGETOP

沢山の人の夢を叶える

起業家、技術を持った方の苦悩


――――多くの起業家や若い起業家の卵たちの悩みは?

多くの起業家と話す機会があるのですが「現状の仕事だけでは収益的にも厳しく、新しい事業を試みたい」という考えをもった方がたくさんいらっしゃいます。
また、若い方々も「夢を実現したい、誰かのためにこんな事業をやってみたい」という想いをもった起業家の卵も多くいます。
ただ、両者とも「資金がない」「時間がない」「どうやったらいいのか分からない」という不安が先に立ち、一歩が踏み出せないのが大半です。そんな方の一歩を後押しするのが「動く京町家」です。

動く京町家プロジェクトで夢を現実にする


――――動く京町家の特徴は?

もちろん、車ですので移動式です。つまり、自店舗を持っていなくても場所を選ばず京町家のお店をだせるのが最大の特徴ですね。
気軽にリスク無く夢の一歩を踏み出して頂くために、レンタル料金は1日10,000円と安価です。有料にはなりますが出店場所の提供もしております。
また、起業や出店に際しましては無料で中小企業診断士のアドバイスを聞くこともできます。
安心して、尚且つ自信を持った上で出店してくださいね。

――――どのような方に使ってほしい?

ネイルサロンやマッサージなどの美容系。手作り雑貨の販売やアクセサリー販売、似顔絵販売。
ワークショップ、写真や絵や陶器などのギャラリーとしても使えます。
その他にも落語家、紙芝居、お茶会、お花…などなど。業界業種を選ばず多くの夢を持つ方々に利用してほしいです。
「動く京町家」での出店経験を土台に、夢を実現してくだされば私も嬉しいですね。

鈴木社長からのみなさんに


――――夢を持つ起業家へのメッセージを

私は、沢山の方々の夢を実現するためのサポート、支援をさせてもらえればと思っています。こんな想いのもと、動く京町家プロジェクトを立ち上げました。
世の中が多様に変化していく中で、夢を持つ人が多く現れ、そして様々な起業家が溢れていく。その営みの中で、経済が活発になって楽しい世の中になればいいですね。
こんな不景気な日本ですが、「既存のもの」プラス「新しいもの」が認められ活躍できる、そんな活気のある日本になっていく事が私の夢です。

PAGETOP

Copyright© 2014  All Rights Reserved.